食いもんネタ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --------(--) --:--:--
Trackback:(-) | Comments:(-)

スジ肉とタコ(関東煮)

う~ん、やっぱり冬はコレ!
おでんにかぎります。


かんとだき1以前も書きましたが、大阪では「おでん」のことは「関東煮(かんとだき)」といいます。
そして人気のネタは、牛スジ肉タコ


どちらも大変手間がかかるけど、コレが最高にうまい


スジ肉は塊を買ってきて、鍋でゆで脂をキレイにとる。
そしてタコとスジ肉は、とにかく長く煮込む。


 


かんとだき2 かんとだき3


3~4時間煮込むとやわらかくて味もしみ、最高にうまい!
特にタコは中途半端に煮ると硬くてゴムのようになる。


かんとだき4


かんとだき”のうまい冬は大好きやー。


こんなおでん鍋があるとさらに気分が盛り上がる・・・


イワタニ おでんの達人

おでんの達人


ほな、また

関西情報ブログたち



食いもんネタ | 2006-12-11(Mon) 21:34:38
Trackback:(0) | Comments:(0)

チキンラーメン

すぐおいしい、すごくおいしい♪
のCMでおなじみの「チキンラーメン」はインスタントラーメンの元祖。


このチキンラーメンは大阪発祥なんです。


チキンラーメン袋 チキンラーメン1


1958年、日清食品創業者の安藤百福(あんどうももふく)さんが、大阪府池田市の自宅の作業小屋で改良に改良を重ね考え出したのが、チキンラーメン。


てんぷらからヒント得て、麺を油であげる「瞬間油熱乾燥法」を開発した。


今でも基本的にはほとんどそのときのまま
これだけインスタントの技術が発達して、高級インスタント麺が無数に出回ってもチキンラーメンはチキンラーメンで通用する。


これが元祖の味なんですかね。
(カップめんが出たり、どんぶりセットが発売されてますけどね)


チキンラーメン2チキンラーメン4


いろんな食べ方があるんですが、意見が分かれるのはのっけた卵をかき混ぜてしまうか、麺に絡めながら食べるか。


チキンラーメン4


私はかき混ぜてしまう派です。


ほな、また

関西情報ブログたち



食いもんネタ | 2006-12-06(Wed) 21:45:45
Trackback:(0) | Comments:(0)

ちくわぶってなんだ?

聞いたことはありますもちろん。
でも見たことも食べたこともありません。


今日はじめて三重県のジャスコで見つけました。
今までもあったんやろうと思ううんですが、気づきませんでした。


ちくわぶ1 ちくわぶ2


とにかく、関西にいると”ちくわぶ”を口にすることはほとんどない


話のネタに早速買ってみた。


原材料は小麦粉と書いてある。 小麦粉??
んごん・・・


ネットで調べると小麦粉を水で練ったものをちくわのような形にしたもののようだ。
なんで、わざわざ”ちくわ”なんやろ?


関東人はけったいなことを考えよる。


ちくわぶ3


実際に食べてみると、確かに団子やん!!
コレがおでんダネと思うと違和感あるけど、これはこれでいける。


ほな、また

関西情報ブログたち



食いもんネタ | 2006-11-22(Wed) 21:49:04
Trackback:(0) | Comments:(0)

うどんすき

さむーくなって来ましたねー
三重県もかなり寒くなりました。


こんなときはやっぱり”うどんすき
あっさりしょうゆ味のダシでかしわ(鶏肉)や魚貝、野菜、根菜、そしてうどんを入れて煮込む。

うどんすき1うどんすきといえば、大阪の老舗「美々卯」の登録商標
最近は名古屋や東京にも店があるんで、うどんすきもメジャーになったんかな?


まあ、美々卯とは行きませんが我が家の”うどんすき”もなかなかいけました。
鍋物は地域の個性がでますよね!


聞いたこともないような鍋、まだあるんやろな全国には・・・


ほな、また

関西情報ブログたち



食いもんネタ | 2006-11-15(Wed) 22:22:51
Trackback:(0) | Comments:(0)

ひやしあめが・・・

大阪の夏の風物詩「ひやしあめ」は冬には「あめゆ」に!
子供のころ、夏になると駄菓子屋に水筒を持ってよく走りました。


「ひやしあめ」(しょうがと砂糖で味をつけた飲み物)を水筒に入れてもらうためだ。
甘さの中に軽くしょうがのピリッとした辛味が利いていてとにかくうまかった。
夏の楽しみでした。
最近では(特に今住んでる三重県では)なかなか手に入らない。


缶飲料などではあるんやけど、これはなんかちがう。


ひやしあめ1 ひやしあめ2


一番コレは近いと思うのが、こちらハタ鉱泉の生しょうが入りひやしあめ


ちなみに、冬はひやしあめを温めて「あめゆ」になる。
今度は冬の風物詩になります。


 ほな、また

関西情報ブログたち



食いもんネタ | 2006-11-07(Tue) 23:02:15
Trackback:(0) | Comments:(0)
<前のページ< >次のページ>



ブログ内記事検索
メニュー
人気blogランキング参加中


オトクなグルメ情報ならホットペッパー!
大阪うまいもん

大阪では伝説のスイーツ
大学芋のようで大学芋でない
契約農場の嶋屋農園でとれた
採れたてのサツマイモを使った 嶋屋名物あべのポテト
>>続きを読む


200年の歴史を誇る老舗
耳卯楼から発展した美々卯
削りたての鰹節、ピチピチ魚介
土のついた野菜から・・・
美々卯名物うどんすき
>>続きを読む


食べてびっくり旭ポンズ
日本一うまいポンズ!?
ゆず、すだちの天然果汁液
鰹節・利尻昆布のダシ・・・
究極の旭ポンズ
>>続きを読む


日本を代表する
コリアンタウン鶴橋
人気はなんといっても
鶴橋のおいしいキムチ
>>続きを読む

大阪みやげ


人気No1はこれ!
さっぱり抹茶味プリンに
とろ~りつぶ餡
仕上げに塩昆布付き
大阪あんプリン
>>続きを読む

プロフィール

ビリケン太郎

ビリケン太郎
まいど!ビリケン太郎です。大阪を代表する神さん「ビリケンさん」と道頓堀の人気者「くいだおれ太郎」からちなんでます。ちなみに三重県在住大阪人です。
>>ビリケンさんの足なでたって

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
交通情報リンク
その他Links
RSSフィード
ご意見・ご連絡はこちら
記事に対するコメント以外で、ご意見・ご連絡ありましたら、こちら>>メールフォームからお願いします。
ご連絡できなかったり、遅れたりする場合もございますがご了承ください!

当サイトはリンクフリーです
バナー

全ての記事を表示する
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。